本文へスキップ

 RI 「世界へのプレゼントになろう」 Club 「原点を見つめ、親睦と奉仕を深めよう!」

 1952年12月16日、大阪南ロータリークラブは創立されました

 1953196019701980199020002010
   1952.12.16
 神崎 驥一
 1953.1-6
 神崎 驥一
 1953-54 
 神崎 驥一
 1954-55 
 飯田 慶三
 1955-56
 寺尾 威夫
 1956-51
 原 吉平
 1957-58
 早川 徳次
 1958-59
 小原 英一
 1959-60
 小原 英一


1952.12.16  創立総会・仮例会始まる

 ■創立総会兼第1回例会 1952/12/16 (S27) 
昭和27年12月16日、E島屋新館大食堂花馬車の別室で、会員20名・ヴィジター5名の計25名の出席者によって行われた。
■チャーターメンバーは25人   創立年のメンバー・経歴の一覧
 当クラブのスポンサークラブは大阪クラブで、キーメンは神崎驥一・広岡松三郎・井上 周・飯田慶三・小原英一の5君。チャーターメンバーは次の25君であった。阿曽沼 均・原 吉平・原田誠一・広岡松三郎・飯田慶三・飯田紀造・伊藤重義・井上 周・猪崎久太郎・伊藤銃次郎・神崎驥一・宮崎滝蔵・桃谷順一・森 寿五郎・溝口庄太郎・中山育雄・西村半次郎・小原英一・白井信太郎・須賀川太郎・玉置良之助・寺尾威夫・山中九三郎・梅村 栄・銭高輝之(敬称略)
■ 仮例会は五回開催

1953年度 1-6月 (S28) 初年度・チャーターナイト

会長 神崎驥一  幹事 原田 誠一

国際ロータリー加盟認証は1953年1月16日

第61地区

  1953年度委員会リスト
 ■国際ロータリー加盟を認証 1953/1/16
 エバンストンのRI本部より、国際ロータリー加盟を認証されたチャーターは、昭和28年1月16日に交付され、2月10日にクラブへ到着した。
 ■第一回例会開催 1953/1/20

■ 初めての家族会 1953.2.3
第一回の家族会は2月3日に高島屋の特別食堂でひらいて懇親を深めた。出席者は会員が25名中21、家族34名であった。
■ 宝塚でチャーターナイト 1953/5/30
わがクラブのチャーターナイトは、同時に誕生した大阪北クラブと合同で、昭和28年5月30日に宝塚新温泉の大劇場をはじめ、全館を会場として盛大に挙行された。

  宝塚でチャーターナイト

  宝塚でチャーターナイト Foto
 
 

1953-1954年度 (S28-29) 

 会長 神崎驥一  幹事 原田 誠一

RI会長 ホアキン・セラトサ・シビルス
    Joaquin Serratosa Cibils 
    (ウルグアイ・モンテビデオRC)

 Rotary is Hope in Action
■ 例会場を一時松坂屋に移転  1953.9.1
発会当時の例会場「花馬車別室」は、ヴィジター増加のため、わずか数回、例会を行っただけで手狭な状態となり、翌1月の上旬からは花馬車の「広間」へ移った。さらに花馬車の改装工事中、昭和28年9月1日の第38回例会から、松坂屋長生殿へ移転した。その後、3回ほど松坂屋のお世話になり、同月22日再び新装なったもとの花馬車に復帰した。例会の卓話を郷土史家や歌舞伎俳優にお願いするなど、早くも「卓話の南クラブ」の萌芽をのぞかせていた。
 養老院と児童施設を慰問
社会奉仕委員会は歳末に当たり、城南天森養老院・鳥飼養老院・枚方児童保養所・貝塚少年保養所をそれぞれ訪ね、慰問と激励をした。
 

1954-1955年度 (S29-30) 

会長 飯田慶三 幹事 原田誠一

RI会長 ハーバート J.テーラー Herbert J.Taylor 
    (米国・シカゴRC)

 6 Objectives for 1954−55 六つの目標



6 Objectives for 1954−55
1. Glean from the past and act.
2.Share with others.
3.Build with Rotary's 4-Way Test.
4.Serving Youth.
5.International good will.
6.Good Rotarians are good  
  citizens 
六つの目標
1.過去に学んで行動せよ。
2.他人と分かち合え。
3.ロータリーの四つのテストで
  身を固めよ。
4.青少年に対する奉仕。
5.国際親善。
6.良きロータリアンは良き市民である。
■大阪靱公園に記念の植樹 1954.6.24
国際ロータリー創立50周年を記念して、大阪3クラブ合同で大阪靱公園に楠53本を寄贈した。植樹式は、6月24日午後2時から中井市長出席のもとに現地で行われた。
 ■国際ロータリー創立50周年記念事業 1955.2.23 
昭和30年2月23日の国際ロータリー50周年を記念して、各国のクラブが祝賀行事を展開したが、我がクラブでも猪崎久太郎君が記念事業委員となり種々の行事を行った。
まず、4つのテストの普及を徹底させるため、映画館のスライドに写してロータリー精神の昂揚をはかったり、E島屋をはじめ三越・大丸・阪急・近鉄・松坂屋各百貨店のショーウインドにロータリーの装飾をして、道行く人たちに呼びかけた。また新趣向としては、世界中の50ヵ国の50クラブを選んで、50通のメッセージを送付する、いわゆる50・50・50プランの運動を展開した。
さらに、クラブ会報を出すことになり、5月にその創刊号の発行をみた。
 ■クラブ会報創刊 1955.5.



1955-1956年度 (S30-31) I.G.F.開催

会長 寺尾威夫 幹事 伊藤銃次郎

RI会長 A.Z.ベーカー A.Z.Baker 
     (米国・クリーブランドRC)

   DEVELOP OUR RESOURCES!
     我等の資源を開發しよう!
 
 ■インターシティー・ゼネラルフォーラム開催 1955.8.28
昭和30年8月28日、日本橋松坂屋の6階において当クラブのホストで、大阪・奈良・和歌山地区のインターシティー・ゼネラルフォーラムが開催された。出席者は140名。三役は、ホストクラブ会長寺尾威夫・フォーラム委員長神崎驥一・幹事伊藤銃次郎の諸君であった。
 
 


1956-1957年度  大阪西クラブの誕生

会長 原 吉平  幹事 伊藤銃次郎

RI会長 ジャン・パオロ・ラング  Gian Paolo Lang 
    (イタリア・リボルノRC)
  3 Targets  三つのターゲット


  3 Targets
1. Keep Rotary simple.
2. More Rotary in Rotarians.
3.Learn more about each other.
 三つのターゲット
1.ロータリーは、簡潔に。
2. ロータリアンは、もつとロータリーを。
3. お互にもつと知り合おう。
■ 綿業会館へ例会場を移転 1956.9
9月から1年余の長期にわたり、東区備後町の日本綿業クラブに居候をした。
■ 大阪西クラブの誕生      
わがクラブは第5年度を迎え、はじめてガバナーの委嘱を受け、クラブ結成のスポンサーとなった。すなわち、昭和32年に大阪西クラブ誕生に産婆役をつとめたことは、楽しい思い出とともに輝かしい誇りでもある。
 

1957-1958年度  大阪南北両クラブで5周年

会長 早川徳次  幹事 藤井恒一

RI会長 チャールズ G.テンネント Charles G.Tennent 
    (米国・アッシュビルRC)
  Enlist−Extend−Explore−Serve
  動員−拡張−探求−奉仕
■青少年委員会を置く 1957.9.25
青少年問題の重要性に応えて、9月25日に社会奉仕委員会の中に「青少年奉仕小委員会」を置くことになった。
■福祉施設にテレビを 1957.12.24
歳末義援金の奉仕活動で、12月24日に社会奉仕委員会は今宮の四恩学園を訪ねて、シャープテレビを贈った。
 ■5周年記念は南北合同で 1958.1.16
大阪南北両クラブは、昭和33年1月16日をもって創立5周年を迎えたので、両クラブ合同で1月28日の夜、クラブ関西でお祝いの家族会を開いた。
■ロースター完成 1958
南クラブ会員の写真帳(ロースター)が9月に完成した。会員の出入りや職業分類、住所などの変更も至極簡単にできるよう工夫されているとの評判を得た。
■ローズルームに帰る 1957.11.12
南海会館ビルの工事は、予定どおり昭和32年10月完成したので、例会場も新装なったE島屋のローズルームに、11月12日の例会より復帰した。
 

1958-1959年度  南北会スタート 

会長 小原英一 幹事 藤井恒一

RI会長 クリフォード A.ランダル Clifford A.Randall 
    (米国・ミルウォーキーRC)
  HELP SHAPE the FUTURE
  将来を造るに助力しましょう
■南北会スタート 1958.11.13
 南北兄弟クラブの友好と親睦を図るために、南北ゴルフ会はこのときまですでに12回の対抗競技を積み重ねてきたが、それとは別に、南北会の懇親会合を持つことになり、第1回会合を11月13日、高麗橋吉兆で開いた。
■歳末に少年院などを慰問  1958.12.9
12月9日社会奉仕委員会は、高津学園の法然寮、阿倍野の平和寮を慰問した。
■大阪城公園に植樹  1959.5.8.
皇太子殿下のご成婚を祝って、大阪市内の5クラブが共同で大阪城公園に植樹をすることになり、その植樹式が5月8日行われた。
 


1959-1960年度  シスタークラブのボストンクラブ

会長 森 寿五郎  幹事 酒井芳申

RI会長 ハロルド T.トーマス Harold T.Thomas 
   (ニュージーランド・オークランドRC)

  VITALIZE… PERSONALIZE… BUILD BRIDGES OF     FRIENDSHIP
  生気を与えよ 身につけよ 友愛の橋をかけよ
■365地区から兵庫が外れる 1953
昭和32年に全国5地区に分割されたロータリーは、34年度からはさらに8地区に分割された。大阪は、もとの第365地区に残って変わりはないが、兵庫県は中国と四国を含む第368地区に併合された。
■チリ地震の津波への義援金 1953
チリ地震津波の被害を受けた、宮城・和歌山両県下の6クラブに対し、会員から1,000円ずつの浄財を集め、お見舞金として贈った。
■台風お見舞いに毛布 1953
伊勢湾台風のお見舞いとして、大阪5クラブ合同で、愛知・三重両県下の8クラブへ毛布50枚ずつを、11月末に急送贈呈した。
■ことしもテレビを  1953.12.16
12月16日、歳末キャンペーンとして社会奉仕委員会は、浪速区塩草町の塩草寮、阿倍野区美章園の白鳥学園、昭和町の平和寮へテレビなどを贈呈して、慰問活動を行った。
■1万5千人目のお客 1954.6.28
6月28日の第378回例会で、15,000人目のヴィジターとなった明石クラブの天満信二君に、銅製花瓶を贈った。
■世界ではじめてのシスタークラブ、ボストンクラブ 1954.1.9
昭和35年1月9日、理事会の決定に基づき猪崎国際奉仕委員長は、ボストンクラブに対してシスタークラブの縁結びを申し入れた。同1月29日付の書信で、ボストンクラブの国際奉仕委員長より便りがあり、その中で「世界中に1万以上もロータリー・クラブがあるその中で、とくにわがボストンクラブを選んでくださったことを光栄に思います」と述べてあった。
ついで2月25日付で、幹事のチャールス・C・デイジー氏から、ボストンでは全会員満場一致で、大阪南クラブとの縁結びを承認したという正式受諾の通告があった。
■はじめてバズセッションの試み 1954.2.23
昭和35年2月23日、わがクラブははじめてクラブフォーラムにバズセッションによる討議形式を採用して、大成功をおさめた。
■ 清掃所に鏡を贈る  1954.1
1月、市内5クラブ共同で73ヵ所の市清掃局従業員詰所へ鏡を贈った。当クラブよりは地区内9ヵ所に9面を贈り、従業員より感謝された。




会員ページに移動します。

大阪南ロータリークラブ

事務局 〒556-0011
大阪市浪速区難波中 1-12-5
難波室町ビル8 F
TEL 06-6647-6236
FAX 06-6647-6237
E-mail
osaka-south@alpha.ocn.ne.jp
例会場
スイスホテル南海大阪 8階
「浪華の間」
例会場TEL 
  
06-6646-1111
例会日時
毎週 火曜日

12:30〜13:30