RI 「ロータリー:変化をもたらす」 Club「共に築こう、素晴らしきロータリー人生

クラブ組織 理事・役員・委員会方針 2017-18年度

役員方針

▼副会長 ▼幹事 ▼SAA
副会長 中村 剛 クラブ管理・運営担当
 今年度RI会長テーマは「変化をもたらす」です。また地区ガバナーは「個性を生かし、参加しよう」と示されています。
その方針を受け、城戸会長は、「ともに築こう、素晴らしきロータリー人生(ライフ)」とされました。より多くの友人の輪を広げ、より楽しく、格調高い、クラブライフを過ごせるようにしたいと 述べられています。
 そこで、クラブ管理・運営委員会では、ロータリーの奉仕活動の下支えでもある根っこの部分のクラブ奉仕では、6つの小委員会からなります。

  • 1.例会運営委員会:魅力ある卓話とは何かを検討し、会員卓話と外部卓話のバランスや食事等を含めた会場のあり方を工夫します。
  • 2.会員友好委員会:友好を一層深めるために、オシャレで少しフォーマル
  • さも伴った企画を考えたいと思います。
  • 3.会員増強委員会:大阪南らしい会員拡充のあり方について検討や職業分類の掘り起し、退会会員を最小にする対策を行います。
  • 4.会員研修委員会:素晴らしいロータリーライフを過ごすためにも、当クラブ歴史や奉仕に対する考え方を勉強し、また、新入会員がスムーズにロータリー活動に馴染むようにインフォメーションや研修会、懇親会を行います。
  • RI、地区の情報など、敵宜会員に提供します。
  • 5.会員選考委員会:例年通り厳正な選考をいたします。
  • 6.広報委員会  :公共イメージと認知度向上に努めるとともに、会員向けの広報や、クラブHPの充実を推進してまいります。
 ▲役員Top
 幹事 谷 明
 65周年という節目にあたる年度に、伝統ある大阪南RCの幹事を拝命し身の引き締まる思いであります。
 本年度、城戸会長は「共に築こう、素晴らしきロータリー人生(ライフ)」というスローガンのもと、楽しく且つ格調の高いクラブを目指しています。また、2660地区の一員として会員ひとりひとりがその責務を果たしていくことが重要な時期になっています。そのためには、会員が確実に連携を図ると共に、有意義な奉仕活動を行うことが大切であり、その結果として活力があり魅力溢れるクラブとなり、周囲から信頼されるクラブになると考えます。
 本年度幹事として、会員の気持ちがひとつになるような楽しさや、例会・事業などの積極的な参加に結び付くようにその務めを果たしていきたいと思いますので皆様のご協力並びにご指導をよろしくお願いします。 
▲役員Top
 SAA 秋山 泰次郎
  本年度SAAの大役を仰せつかりました。 城戸会長の「 共に築こう、素晴らしきロータリー人生(ライフ) 」という方針のもと、例会場の管理監督者とし、進行・管理の役割を精一杯果たし、例会の活性化に取り組んでまいります。

・ 楽しく格調ある例会の運営
・ 会員同士の親睦や交流を深める例会の設営
・ よりよいビジターへの接遇
・ ニコニコへの協力依頼

上記の事項を中心に例会運営委員会の皆様と連携を取りながら、例会をより楽しく、より有意義な場となるように心掛け、多くの皆様に出席していただける例会を目指します。
 会員の皆様方のご支援・ご協力を宜しくお願い申上げます。
▲役員Top


クラブ管理・運営委員会 方針

▼例会運営 ▼友好 ▼増強 ▼研修 ▼選考 ▼広報
  副会長 中村 剛 クラブ管理・運営担当
 今年度RI会長テーマは「変化をもたらす」です。また地区ガバナーは「個性を生かし、参加しよう」と示されています。
その方針を受け、城戸会長は、「ともに築こう、素晴らしきロータリー人生(ライフ)」とされました。より多くの友人の輪を広げ、より楽しく、格調高い、クラブライフを過ごせるようにしたいと 述べられています。
 そこで、クラブ管理・運営委員会では、ロータリーの奉仕活動の下支えでもある根っこの部分のクラブ奉仕では、6つの小委員会からなります。

  • 1.例会運営委員会:魅力ある卓話とは何かを検討し、会員卓話と外部卓話のバランスや食事等を含めた会場のあり方を工夫します。
  • 2.会員友好委員会:友好を一層深めるために、オシャレで少しフォーマル
  • さも伴った企画を考えたいと思います。
  • 3.会員増強委員会:大阪南らしい会員拡充のあり方について検討や職業分類の掘り起し、退会会員を最小にする対策を行います。
  • 4.会員研修委員会:素晴らしいロータリーライフを過ごすためにも、当クラブ歴史や奉仕に対する考え方を勉強し、また、新入会員がスムーズにロータリー活動に馴染むようにインフォメーションや研修会、懇親会を行います。
  • RI、地区の情報など、敵宜会員に提供します。
  • 5.会員選考委員会:例年通り厳正な選考をいたします。
  • 6.広報委員会  :公共イメージと認知度向上に努めるとともに、会員向けの広報や、クラブHPの充実を推進してまいります。
▲クラブ管理運営Top
 例会運営委員会 委員長 庄司 茂

例会を参加会員にとって楽しく有意義なものにして、クラブ活動を活性化することを目的とします。

本年度の会長方針である「共に築こう、素晴らしきロータリー人生」を念頭に

@    アンケート等の実施により魅力ある卓話とは何かを検討し、会員卓話と外部講師とのバランスや食事等を含めた会場のあり方を工夫します

A    委員会企画卓話は以下の内容にあった卓話者を選定します

・大阪の活性化 文化 歴史

・音楽、芸術を楽しむ

・健康に関する事

・政治経済における時事的な話題

会員卓話は前年度末より12名で各15分に変更になったものを継承します。又、SAAとも連携しホスピタリティーを高め、ゲスト・ビジターに満足して頂けるよう努めます
▲クラブ管理運営Top
 会員友好委員会 委員長 川谷周平 

 本年度の会員友好委員会は、会長方針の「より多くの友人の輪を広げ、より楽しく、格調高い、クラブライフを過ごす」を実践するにあたり、オシャレで少しフォーマルさが伴う企画を立案し運営して参ります。多くのご家族にも参加いただき、全会員の更なる素晴らしいロータリー人生となるよう努めてまいります。

@南北交流懇親会

  日程 9月5日(火)

  場所 大阪迎賓館

内容 大阪北RCとの歴史ある友好関係を更に深めます。

A秋の家族会

 日程 10月下旬(土)予定

  場所 藤の坊 さんだ山荘(予定)

  内容 秋の味覚狩りとして“松茸狩り”をご家族で楽しんで頂き交流を深める

機会とします。

 B年末懇親会

  日程 12月16日(土)

  場所 スイスホテル南海大阪

内容 会員ご家族を交えて参加された皆さまがこころから喜んで年末を迎えていただける機会といたします。

 C春の家族会

  日程 3月中旬

  場所 未定

  内容 ご家族の皆さまとともに春を満喫できる格調高い企画を考えます。

以上です。
▲クラブ管理運営Top
 会員増強委員会 委買長 小松 範行

 ロータリークラブ活動の目的が「奉仕」であることは言うまでもありません。そして、われら大阪南RCがその目的を達成するために活動する力の源は、まさに会員一人ひとりの意識の具現であります。常に新しい気づきに各々が成長し、その会員の多様性を融合する組織へとつなげるためには、何より楽しく、充実したロータリー人生(ライフ)を共有できる仲間を増やしていくことが何よりだと考えます。

1、     新入会員の入会促進

@  入会候補者リストをさらに充実させ、都度更新し、積極的に入会促進活動に努める。

A  紹介者数に応じた表彰制度等を勘案・検討する。

B  大阪南RCらしく、文化・芸術・ホテル等に対しても、積極的に勧誘を実施する。 

2.退会の防止

  @入会した人が「楽しい」と感じ、生涯の友情を構築できるように、会員友好委員会と連携して、フォローを行う。

  Aやむを得ず会員が退会する際には、できるだけ後継者をご紹介頂くようにする。

以上、自分が「楽しい」と思う活動を積極的に誘い合う環境づくりを念頭に、各趣味の会などとも積極的に連携し、会員増強が会員一人ひとりの活動の基本である意識を広めていきたいと考えております。

▲クラブ管理運営Top
 会員研修委員会 委員長 中島 成和

 ロータリークラブの活性化には、会員の皆様がロータリアンとして積極的に奉仕活動に励むと共に、会員同士が親睦を深めることが大切です。ロータリアンとしての考え方やルールの理解を深めるため、新入会員の方々を対象にオリエンテーションを実施します。

 新入会員が早期にクラブに馴染んで頂くよう先輩ロータリアンを交えた研修、懇親会を開催し、クラブ活動の理解を深めて頂くと共に、会員間の親睦を深めてクラブの活性化の一助にしたいと思います。また、委員長・副委員長の方々を対象に委員会の役割を再確認して頂くセミナーを実施します。

@    新入会員の入会時オリエンテーションの実施

A    入会歴が新しい会員向けのセミナー並びに懇親会の実施

B    委員長・副院長予定者セミナーの実施

▲クラブ管理運営Top
 会員選考委員会 委員長 藤井眞澄

1、会員増強委員会と連携を図り、大阪南RCに相応しい人を選考してゆく。

2、会員選考委員会には、推薦者の内少なくても一人は同席していただき、会員候補者の経歴、人物などについて説明していただく。

会員選考委員会メンバーの理解促進のため、推薦者は事前に会員候補者について十分な情報を収集しておいていただく。

3、現行の会員推薦書は、抽象的で書きにくい部分があり、知りたい情報に関する記入欄が無いなど時代の変化に対応しておらず、見直しについて是非も含めて検討する。
▲クラブ管理運営Top
 広報委員会 委員長 岡田 健

@    広報委員会の目的

  公共イメージと認知度向上、ロータリーの楽しさ、素晴らしさを伝えると共に、当クラブ内の活性化を努めます。 

A    会員に対する広報活動

  「ロータリーの友」への愛読と積極的な投稿、等を推進します。

  ホームページに当クラブの活動をタイムリーに取り纏めて発信していきます。

  My Rotary」の登録、活用を推進していきます。

  ロータリーの目的、理解を深めることを目指します。 

B    地域社会に対する広報活動

・インターネット等を活用し、ロータリーの活動を地域社会に向け発信し、当クラブの活動を理解して頂き、会員増強に繋がるように努めます。
▲クラブ管理運営Top

職業奉仕委員会 方針

▼職業奉仕
 職業奉仕 担当理事 鶴田 信夫
 RI2017〜18年度、イアン・ライズリー会長のテーマは、Making a Differenceで、日本語では ―変化をもたらす― になります。では、その変化とは何か?これは奉仕を通じて人々の人生に変化を持たせることだと思います。その趣旨に沿い、職業奉仕を通じて誰かの人生をより良くしよう、これを目標に活動を進めてまいりたいと思います。
 その一方で、ロータリーは職業を通じた人づくりの実践団体であるとも言われています。
これまで、会社で人を雇い、利益を上げ、納税することが社会貢献であり、職業奉仕につながるという意見が多く聞かれました。しかし、このことだけに閉じこもっていては、真のロータリアンを目指すことができないと言われています。究極の目的である人づくりを目指して、職業奉仕活動を進歩させ、少しでも理想のロータリアンに近づきたいと思います。
 会員の職業上のスキルや知識、職業観などを活かす活動は職業奉仕活動になりますが、とりわけ職業観は大事で、そこにはその会員が職業を通じて培った道徳観、倫理観、人生観が滲むからです。様々な形でそれらを若者たちに伝え、人づくりに貢献してゆきたいと思います。
▲職業Top
 職業奉仕委員会 委員長 田 富士夫

ロータリーの基本である職業奉仕を自身の仕事だけでなく、次世代への教育、伝達を通じての社会奉仕を考えて今年は活動していきたいと思います。

1)職業奉仕月間 関係卓話

2)職業奉仕部門クラブフォーラム

3)職場見学会

4)出前授業

5)その他

▲職業Top

社会奉仕委員会 方針

▼国内社会奉仕
  社会奉仕委員会 担当理事 入江 義雄
 今年度の城戸会長のスローガンは「共に築こう、素晴らしきロータリー人生(ライフ)」
です。
昨年度の京セラドームでの児童福祉施設の子供たちの喜び、今年度の鶴見子供ホスピスでの児童の笑顔など、各年度の社会奉仕委員会は地区補助金を使っての大きな成果をあげられ、昨年度は地区協議会会長賞ゴールドをいただきました。
 今年度も過年度同様地区補助金を使って、子供達に音楽の楽しさをより知ってもらうための催しを企画し、地区に補助金申請を既に致しております。
 ただ、当該年度の補助金申請が前年度の3月からになっており、当該年度の社会奉仕委員会委員長と担当理事は、就任前の時から準備しておく必要があり、前年度の社会奉仕委員の中から選ばれる事が望ましいと考えております。
 このように地区補助金を使っての大規模の社会奉仕活動は、大阪南ロータリークラブのような大人数のクラブでないと出来ないので、その責務を感じて今後ともいろいろな計画を進めて行きたいものです。
 同時に前年度からの事業を単年度で終わるのでは無く、複数年度は続けるのが望ましいと考えております。
その他、「赤い羽根運動」「献血」「災害支援活動」等の例年の行事を含め、ロータリー会員自身の行動を通じての社会奉仕を推進して、この一年素晴らしきロータリー人生を過ごしたいと思います。
▲社会Top
 国内社会奉仕委員会 委員長 佐伯 秀男 

@「こどもたちへのプレゼントコンサート」支援事業

・興国高校講堂における「こどもたちへのプレゼントコンサート」の開催

(10月28日(土))

・体験楽器の寄贈

・インターアクト、ローターアクトとの連携

A募金活動

・赤い羽根募金活動(10月第一週例会開始前)

・TSURUMIこどもホスピス支援募金活動(11月第一週例会開始前)

・国内での災害支援募金活動

B地区事業への協力

▲社会Top

国際奉仕委員会 方針

▼世界社会奉仕 国際交流
 国際奉仕委員会 担当理事 青山 総一郎
 国際奉仕委員会は、今年度会長方針の「共に築こう、素晴らしきロータリー人生」を活動ベースの基本として常に考え、世界社会奉仕においては関係者の努力によって得ましたグルーバル補助金をカンボジアの医療支援事業に有効活用して、医療技術の向上と事業移管等を検討し、事業が継続できるように活動して参ります。国際交流におきましては、姉妹クラブで設立32周年を迎えます台北中央ロータリークラブとの懇親・交流を継続して参ります。また、本年度の世界大会が、カナダのトロントで開催されます。この機会を
 組織の活性化と次年度がよりよいスタートを切るための機会として、より多くのメンバーに参加して頂けるように努力いたします。
▲国際Top
 世界社会奉仕委員会 委員長 松田 朋浩 
1.    はじめに

 世界社会奉仕委員会は、昨年度(2016-2017)までに、カンボジア王国における医療支援プロジェクト(以下、「当該プロジェクト」)につき平成292月に多額のグローバル補助金を獲得しました。当該プロジェクトは、その性格・支援規模から単年度で完結するものではなく、獲得した補助金を有効に活用して現地における具体的な支援活動の実施に繋げていく必要があります。

 そこで、本年度では、昨年度までに諸先輩方により進めていただいた当該プロジェクトを引き継ぎ、具体的な支援活動(さらに来期へとつながる活動)を推めてまいります。

2.    具体的活動計画

(1) 現地におい当該プロジェクトに係る贈呈式を行います。

(2) 具体的な支援活動(たとえば日本人医師を派遣して現地医師の医療行為トレーニング)を行います。

(3) (2)の活動の効果確認及び報告を行います。

(4) 当該プロジェクトの成果を見極めつつ来期へ活動を引き継ぎます。

(5) なお、他の支援に関するニーズの調査も行う予定です。

▲国際Top
 国際交流委員会 委員長 松山大祐 
▲国際Top

青少年奉仕委員会 方針

▼青少年奉仕  ▼ローターアクト ▼インターアクト
 青少年奉仕委員会 担当理事 小林 豊光
  我が国のみならず、世界中が混沌としている昨今、より良き未来を築いていくのは、若者たちです。
その意味でも、我々ロータリーアンが、次代を築く青少年を指導育成していく責務を負っていると言っても過言ではありません。
本年度は、城戸会長が掲げられた「共に築こう 素晴らしきロータリー人生(ライフ)」と言うスローガンのもと、3つの委員会(ローターアクト委員会、青少年奉仕委員会、インターアクト委員会)が、青少年の多様なニーズを認識したうえで、各委員会の垣根を超えて連携を取りながら活動して参ります。
そして、様々なプロジェクトを通して、ロータリーの基本理念を伝達し、青少年の成長の一助となるべく行動をおこします。
▲青少年Top
青少年奉仕委員会 委員長 上甲 悌二  

昨今の不安定な政界情勢、経済情勢のもと、日本の進むべき道も混迷しており、次世代を築いていく青少年にとり、自分としてこれからどのように生きていくべきかを考えるのは、たいへん難しい時代を迎えていると思われます。仮に、自分が、今の時代に青少年であったとしたらと仮定し、なにを目指すべきかと考えるとにわかには答えが見つかりません。

さらには、個々人の価値観も多様化しており、これに対する唯一絶対の正解があるとは考えられませんが、われわれロータリアンは、青少年に対し、自分たちの経験や見解を伝えることにより、一方で、決してそれを押し付けるのではなく、青少年の多様なニーズを認識した上で、ともに、将来を悩み、考えることがその責務であるものと考えます。

当委員会では、上記理念を実現すべく、次の活動を行っていきたいと考えております。

(青少年奉仕委員会)

@ローターアクトクラブ、インターアクトクラブとの積極的交流

A地区主催の青少年指導育成プログラム(RYLA)への参加協力

B「新世代のための月間」活動への協力

C「青年功績賞」の贈呈
▲青少年Top
 ローターアクト委員会 委員長 小椋 隆史 

 ローターアクトプログラムは、1968年に国際ロータリー理事会により承認された常設プログラムであります。わたしたちはこの伝統あるプログラムの目標達成と発展に寄与すべく以下の活動を通して、大阪南ローターアクトクラブ会員に対しロータリーの基本理念を伝え彼ら自身の成長を促すべく活動して行きます。 

@    ローターアクトクラブの会員増強活動の推進

A    ロータリークラブとの積極的な相互交流の推進

B    ロータリークラブと共同での奉仕活動の推進

C    ローターアクト「5つの目標」達成のための指導

▲青少年Top
 インターアクト委員会 委員長 伊藤 芳晃 

 インターアクトは、12〜18歳の中学・高校生が、奉仕活動や海外のインターアクターとの交流を通じて視野を広げるとともに、国際感覚・建設的な指導力・行動力等を養い、自己の完成等を図ることを目標としています。

 当委員会は、以下の活動計画により、上記目標及び青少年の健全な成長に寄与することを目指します。

 @ 清風学園インターアクトクラブとの連携及び同クラブに対する支援

A 海外研修等の各事業での実際の体験をもとにした地域社会及び国際社会に対する理解、国際交流の推進

B ロータリアン全体のインターアクトに対する理解を深め、事業への積極的な参加を促すこと

C 青少年奉仕部門の各委員会との連携
▲青少年Top

財団委員会 方針

ロータリー財団  米山奨学
 財団委員会 担当理事 福本桂太
 ロータリー財団部門は、使命とは何か、財団プログラムとは何か、どのような状況であるか、RIや地区の活動状況などの情報を、ポリオプラスは100%撲滅を目指す今、深刻な資金不足により、再流行の危険性があるなどの情報を会員の皆様に提供します。米山奨学部門は今年度に新たにモンゴルから迎え入れる奨学生との交流を通じ、「人材育成」という視点で「日本の良き理解者」を増やすよう活動します。城戸会長の「共に築こう、素晴らしいロータリー人生(ライフ)」というスローガンのもと、両部門共に皆様の一層の理解を深めて頂けるよう委員長と協力し運営して参ります。
▲財団Top
ロータリー財団委員会 委員長 白井 良平

 ロータリー財団は「ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすること」を使命として掲げ、ロータリアンと支援者による自発的な寄付のみを財源として、世界各地で実施されるプロジェクトに補助金を提供しています。

 ロータリー財団委員会の責務のひとつは、財団を通じて実現された数々の活動を会員にわかりやすく紹介することです。財団への寄付が、いかにロータリーでの活動に活かされているかを知って頂くことによって、より一層の支援向上に努めてまいります。

○活動計画

1)ロータリー財団の理解促進活動とポリオ資金不足の実態等の情報発信活動

2)年次寄付金の目標達成  (150 US$/人以上)

3)ポリオ・プラスの目標達成(50 US$/人以上)
▲財団Top
 米山奨学委員会 委員長 暮松 毅 

 米山奨学事業は年間約700人の外国人奨学生を対象とした国内民間最大の国際奨学事業です。日本のロータリーの創始者、故米山梅吉翁の偉業を記念し、後世に残るような有益な事業を立ち上げたいという思いのもと、米山奨学事業は始まりました。将来、日本と世界を結ぶ「懸け橋」となって国際社会で活躍し、ロータリー活動、日本のよき理解者となる

人材を育成することが本事業の使命です。

 本年度は、奨学生としてゴンボドルジ・ザンダンヒシグさんをお迎えすることになりました。モンゴル・ウランバートルからの留学生で、現在は大阪経済大学大学院経営学研究科でマーケティングの勉強をしています。将来は農業分野において日本とモンゴルの懸け橋となるような人材になりたいという夢をお持ちです。

 米山奨学事業は、国際奉仕事業であり、人材育成事業です。大阪南ロータリークラブの方々との交流を通じて、「ロータリーとは何か」「日本とは何か」「価値ある仕事とは何か」というものを学ぶきっかけになればと思います。ぜひ、「人材育成」という視点で奨学生との交流をしていただければ幸いです。本事業に対する寄付ご賛同もよろしくお願いいたします。
▲財団Top


委員会方針資料

準備中

会員ページに移動します。

大阪南ロータリークラブ

事務局 〒556-0011
大阪市浪速区難波中 1-12-5
難波室町ビル8 F
TEL 06-6647-6236
FAX 06-6647-6237
E-mail
osaka-south@alpha.ocn.ne.jp
例会場
スイスホテル南海大阪 8階
「浪華の間」
例会場TEL 
  
06-6646-1111
例会日時
毎週 火曜日

12:30〜13:30